Featured post

■プロジェクトが中学校の教科書の副読本に掲載されます■

来年度の中学校の公民の教科書の副読本に
プロジェクトが掲載されます。
京都の広野中学校と福島の広野中学校の
種を通じた交流とともにプロジェクトを
紹介していただける予定です。

全国の皆様の想いが未来を創る子供たちの教育にも
繋がっています。ありがとうございます。

◇掲載書籍 『ビジュアル公民』
東京法令出版株式会社 発行
発行:平成26年1月(予定)

里親さんからのメッセージ(広島県)

広島県の里親さまからメッセージが届きました。

ありがとうございます。

里親さんからのメッセージ

全国の里親さんからメッセージが届きました。

ありがとうございます。

 

里親さんからのメッセージ(京都府 友岡こども園さま)

京都府友岡こども園さまからメッセージが届きました。
ありがとうございます。

里親さんからのメッセージ(京都府 今里こども園さま)

京都府 今里こども園さまからメッセージが届きました。
ありがとうございます。

里親さんからのメッセージ(神奈川県横浜市立杉田小学校さま)

神奈川県横浜市立杉田小学校3年1組の皆さまからメッセージが届きました。
ありがとうございます。

■これまでの「ひまわり甲子園」発表内容をイラスト化(2013年~2019年) <グラフィックレコーディング>

2013年3月から開催しております、東日本大震災があったから”こそ”生まれた物語を発表する「ひまわり甲子園」。
地方大会、全国大会とこれまで沢山の皆さまに発表していただきました。
その発表内容を「グラフィックレコーディング」という手法を用いてイラスト化しました🌻
ぜひご覧くださいませ🌻

■教育団体

■企業

 

■地域団体・行政

 

■個人・その他


 
 
映像でもまとめさせていただきました。
ご覧くださいませ🌻
(助成:3.11メモリアルネットワーク基金 「新型コロナウイルス緊急対策助成金」)

 

 
 

 
 

 
 

 

発表していただいた皆さま、3.11メモリアルネットワーク様、ありがとうございます🌻

【新聞掲載】福島民報社 主催「ふくしま59未来プロジェクト SDGs×おもてなし」に参加

福島民報社様が東邦銀行、ラジオ福島、日本たばこ産業(JT)と連携し、福島県内59市町村の協力を得て県民が気軽にできる身近な場所での清掃活動への参加を呼びかけております。
活動名が「ふくしま59未来プロジェクト SDGs×おもてなし」。
チームふくしまもこの活動に参加させていただいております。

「SDGs×おもてなし」ということで、身近な場所での清掃活動への参加を呼び掛けております。それに参加いただいた方々へ弊方のひまわりの種を福島民報を扱う販売店、東邦銀行の県内各支店で受け取れます🌻

その販売店、支店で配布いただく、全国の里親さんから届いたひまわりの種を2020年3月16日に福島民報社本社にて寄贈させていただきました。

2020年3月18日(水) 福島民報 掲載記事

【2020年の清掃活動スケジュール】
①3月21日(土)、22日(日)
②7月18日(土)、19日(日)
③11月7日(土)、8日(日) 予定

第1回目が2020年3月21日(土)、22日(日)に実施されました。

2020年3月22日(日) 福島民報 掲載記事

2020年7月16日(木)に、日本たばこ産業(JT)様より、ごみ袋と軍手を贈呈いただきました。

2020年7月17日(金) 福島民報 掲載

第2回目が2020年7月18 日(土)、19日(日)に実施されました。

2020年7月19日(日) 福島民報 掲載

 

福島民報社様、東邦銀行様、日本たばこ産業様、ラジオ福島様、全国の里親の皆さま、ありがとうございます。

令和2年7月豪雨 災害支援金 募集開始 (2020年8月31日まで) 

2011年3月11日以降、福島県のために「福島ひまわり里親プロジェクト」を応援してくださり、ありがとうございます。

2020年7月3日からの大雨により、九州南部を中心に甚大な被害が生じました。7月8日には岐阜県や長野県でも記録的な大雨となり、被害地域も拡大しています。被害の大きさをニュースや新聞を通して知るたびに、心を痛めております。
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。また、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

この度の大きな災害に於きまして、「福島ひまわり里親プロジェクト」を通じて何かお役に立てることがあれば、九州の里親の皆さまのお力になりたいと考え、支援金を募集させていただきます。
集まった支援金は、被災に遭われた方々のニーズに合わせて使用させていただく予定です。

皆様の暖かいご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

【支援金のお振込み先】
■ゆうちょ銀行
記号18270 番号1345411
※他金融機関からのお振込み
【店名】八二八(ハチニハチ)
【預金種別】普通
【口座番号】0134541
【口座名】福島から応援する会

■東邦銀行 西福島支店
【預金種別】普通
【口座番号】473144
【口座名】福島から応援する会

■募集期限
2020年8月31日まで

※口座「福島から応援する会」はNPO法人チームふくしまの災害支援専用口座です。
※頂いた支援金は令和2年7月豪雨による災害支援のみに使用させていただきます。
<支援金に関するお問い合わせ先>
https://www.sunflower-fukushima.com/contact/

また、被災地への応援メッセージも募集いたします。
応募いただいたメッセージは、Web資料館、ウェブサイト、SNS、メルマガ等に投稿・発信させていただきます。
【応援メッセージの応募先】
https://www.sunflower-fukushima.com/recruitment-of-support-message/

これ以上被害が大きくならないことをただただ祈るばかりです。
1日も早い復旧を心よりお祈りいたします。

NPO法人チームふくしま 一同

 

【里親さんの取り組み】がんばれ福島🌻そうさ応援団 様(千葉県)

千葉県の里親さんの「がんばれ福島🌻そうさ応援団」様より、令和2年度の活動がスタートしましたとレポートをいただきましたので、ご紹介させていただきます🌻

—–以下、レポート本文—–

千葉県匝瑳市では、令和2年度ひまわり里親プロジェクトのスタートです。

6月20日には、川辺東郷環境保全会様のひまわり畑での種まきが行われ、21日には、西栢田環境保全会様のひまわり畑に、巨大なひまわり迷路を作ろうと、住民の皆さんとともに種まきを行いました。当日は、ひまわり畑でのガールスカウト千葉県第98団の入団式とフライアップ式も行われ、皆で福島への福幸支援を誓い合いました。

 

▲西栢田環境保全会様 種まきの様子

又、ひまわり甲子園にビデオメッセージを寄せて頂いた、太田安規市長より、メッセージを頂きました。

「ひまわりマスクを着けて、全国のひまわりの里親さんたちと心を一つに、新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組みます。大変な時ですが、皆でがんばりましょう。福島ひまわり里親プロジェクトを応援しています。」

太田市長は、福島ひまわり里親プロジェクトの良き理解者であり、福島のひまわりマスクを愛用頂いています。

(写真左) 匝瑳市 太田安規市長

▼ひまわり甲子園2016全国大会での発表映像

今年も匝瑳から、希望の種を届けます。

——–

種まき、ガールスカウト千葉県第98団の入団式とフライアップ式には、千葉県匝瑳市のご当地キャラクター「あっぴいちゃん」も駆けつけてくださいました🌻ありがとうございます🌻

巨大なひまわり迷路を作られているとのことでしたので、これからのひまわりの成長、そして、満開にひまわりが咲き誇る時がとても楽しみです🌻

太田市長、がんばれ福島🌻そうさ応援団の皆様、あっぴいちゃん、ありがとうございます🌻

 

※太田市長に愛用いただいております、マスクについてはコチラ
https://mu.sunflower-fukushima.com/紹介をみる/19569.html

■里親さんからのメッセージ(長野県小諸市立美南ガ丘小学校園芸委員会さま)

長野県の小諸市立美南ガ丘小学校園芸委員会さまからメッセージが届きました。
ありがとうございます。