【里親さんの取り組み】10/26 オータムフェスティバル(ふれあいときめき西三河フェスティバル in 安城) 開催

10月26日(土)、愛知県の里親さんの安城学園高等学校が会場となっている、オータムフェスティバル(ふれあいときめき西三河フェスティバル in 安城)が開催されました。

オータムフェスティバル(県民文化大祭典)とは、主に私学の生徒・父母・教師と市民が中心となって、「街とつながる学校」をスローガンでつくる地域のお祭りです。生き生きと躍動する高校生を真ん中に、様々な技と知恵を持った市民が集い、地域の文化を集めて、県下各会場で「地域の祭り」を繰り広げています。
▼詳細はコチラ
http://autumnfes.net/home/about/

その中で、特別講座として、当プロジェクトについてのお時間をいただき、副理事長の堀内と事務局の清野が東日本大震災直後のそれぞれの生活やプロジェクト、東日本大震災について講演させていただきました。特別講座にお越しくださった皆様、ありがとうございました。

特別講座後、校舎入口にて安城学園高校などで育てられたひまわりから採れた種の贈呈式とひまわりの種がついた200個のバルーンリリースを行ってくださいました。
贈呈いただいた種の一部を別教室で特別講座を行われていた、福島県いわき市にあるアクアマリンふくしまの方にお渡しさせていただきました。

この日、飛ばした風船がなんとその日のうちに東京都の檜原村まで飛び、拾われた方から学校にご連絡があったそうです!すごいドラマです🌻

バルーンリリース後、体育館にて10月12日から13日未明にかけて東日本を中心に甚大な被害をもたらした台風19号による福島県内の被害状況をお伝えさせていただきました。
安城学園高校でも、オータムフェスティバルの前日に募金活動を行ってくださり、7万円の支援金を集め、当プロジェクトへお渡ししてくださいました。
今回頂いた支援金は、台風19号で被災された方々のニーズに合わせて使用させていただきます。

安城学園高等学校では、福島ひまわり里親プロジェクトにご参加いただくのが今年で3年目でこれまでに様々な取り組みを行ってくださっています。
昨年度から生徒会を中心に学校全体で行ってくださっており、この日も校内いたるところにプロジェクトに関する掲示物があり、とても嬉しかったです🌻

安城学園高校学校の皆様、ひまわりを育ててくださった皆様、
ありがとうございます🌻