福島ひまわり里親プロジェクトプロジェクト 全国賞受賞

子どもたちの”心を育む活動”受賞(文部科学省後援)
パナソニック教育財団主催

 https://www.sunflower-fukushima.com/blogimage/blog_import_5b7f79a4c6d80.png

福島ひまわり里親プロジェクトの活動が、
パナソニック教育財団「こころを育む総合フォーラム」全国運動事務局主催、
文部科学省後援の「こどたもたちの”こころを育む活動”」で、奨励賞を受賞しました。

この賞は、未来を担う子どもたちの”こころを育む活動”に献身、
努力している団体の活動を表彰するものです。

全国の里親の皆さんの想い、福島の皆さんの想いが、
子どもたちの心を育む活動として評価していただきました。
全国、福島の皆様、ありがとうございます。

<受賞詳細>
子どもたちの”こころを育む活動” 奨励賞
主催:「こころを育む総合フォーラム」
協賛:東海旅客鉄道株式会社 / トヨタ自動車株式会社 / パナソニック株式会社 / 読売新聞東京本社
後援:文部科学省

【活動概要】
知的障碍者の作業所でパック詰めを行ったひまわりの種を、購入し、育て、採れ
た種を福島に送る「里親」を募集している。福島に届いた種を県内で無料配布し、16,000ヶ所
で咲かせている。全国500校以上が活動に参加。ひまわりを復興のシンボルとして定着させ、
震災教育、道徳教育につなげることを目指し、活動を続けている。

【選定理由】
全国で多くの子どもたちが活動に参加している。離れていても福島を支援したい
という多くの要望に合致し、広がっている。学校同士の交流など、活動が発展している。
【選考重視点】活動に「進める工夫」「広げる工夫」「続ける工夫」のいずれかが認められる事

【選定委員】
第一次選考:PTA関係者、学校関係者、NPO関係者など
第二次選考:こころを育む総合フォーラム有識者
日本学術振興会 理事長 安西祐一郎/東京大学大学院教育学研究科 教授 市川 伸一/東海旅客鉄道株式会社 会長 葛西敬之/トヨタ自動車株式会社 名誉会長 張  富士夫/パナソニック株式会社 会長 長榮 周作/前 読売新聞東京本社相談役 滝鼻卓雄 など