つながっぺ山木屋フェスティバル2018にて、復興花ひまわりの種配布。ひまわりプランター寄贈。

こんにちは。

福島ひまわり里親プロジェクト事務局です。

9月9日(日)に川俣町の復興拠点商業施設「とんやの郷」で行われた、「つながっぺ山木屋フェスティバル実行委員会」様の主催によります、「つながっぺ山木屋フェスティバル2018」が催されました。

このイベントで全国から届けられた”復興花ひまわりの種”を配布いたしました。

フェスティバル出演の山木屋太鼓 菅野さんをはじめ、

来場者の方々に約200袋うけとっていただきました。

長崎県佐世保市立 清水中学校の皆さんから届いた、

メッセージ封筒に入れて”復興花ひまわりの種”をお渡しいたしました。

「あたたかい思いが嬉しいね。」「元気にひまわりさかせるね。」などの言葉をいただきました。

 

会場に咲くひまわり。

全国から届いた種を、福島市内にあります福祉作業所ほっとライフさんや、田村市牧野ひまわり会の皆さんが育ててくださったひまわりを、飾らせていただく場をいただきました。

 

当日、つながっぺ山木屋フェスティバルにて飾りましたひまわりプランターは、

川俣町の復興拠点商業施設「とんやの郷」様、「山木屋公民館」様で受け取ってくださりました。

福島大学生ボランティア 栗城さん、伊藤さんから代表者様へ寄贈いたしました。

 

昨年度に続き、つながっぺ山木屋フェスティバルに参加させていただき、

川俣町の皆様との、全国の皆様とのつながりを感じる機会に感謝です。

「つながっぺ山木屋フェスティバル実行委員会」様

当日ブースにご来場いただいた皆さま

長崎県佐世保市立 清水中学校の皆さん

全国から種を送ってくださった里親の皆さま

福島大学様、

福島民報社様、

福島大学生ボランティア 栗城さん、伊藤さん、

ありがとうございます。

▼ 福島大学生ボランティア参加のきっかけとなりました、ふくしま産業賞福大講座「NPO法人 チームふくしま」 関連ブログ

【新聞掲載】福島大学にて講義