9月3日「つながっぺ山木屋フェスティバル」でひまわりの種配布

こんにちは。

福島ひまわり里親プロジェクト事務局でインターンをしております、武田汐理です。9月3日に催されました「つながっぺ山木屋フェスティバル2017」に参加しての感想を述べたいと思います。

 

9月3日に川俣町の復興拠点商業施設「とんやの郷」で行われた、「つながっぺ山木屋フェスティバル実行委員会」様の主催によります、「つながっぺ山木屋フェスティバル2017」が催されました。このイベントで全国から届けられたひまわりの種をお配りしてきました。

今年の夏は雨続きでしたが、この日は晴天に恵まれ、絶好のお祭り日和となりました。

 

約280人の方にひまわりの種をお配りし、どの方も笑顔でお受け取りいただきました。中には「ありがとう、来年必ず植えるからね」 「家族にも種を分けてみんなで育てるのが楽しみです」とうれしいお言葉をいただきました。

 

 

 

 

 

 

先着5名の方にはひまわり栽培セットをプレゼントし、実際にひまわりの種を植えていただきました。全国の方が育ててくださった種が今こうして福島で咲いているのを見ると、とても嬉しくなりました

 

 

 

 

 

イベントを通して、町民の方の「復興したい」という想いが強く伝わり、少しでもこのイベントに参加することができとても貴重な経験となりました。

川俣町の方がブースのひまわりを見て「ひまわりを見ていると気分が明るくなるね」とおっしゃっていましたが、これからも川俣町の復興のために毎日奮闘される方々へ、来年の夏、今回お配りしたたくさんのひまわりの種が咲き誇ることを願いたいです。

 

 

 

「つながっぺ山木屋フェスティバル実行委員会」様

当日ブースにご来場いただいた皆さま

全国から種を送ってくださった里親の皆さま

ありがとうございます。