[種寄贈] 福島交通株式会社様

5月19日、福島市の福島交通観光株式会社様に
“きずな”の種を寄贈させていただきました。

この日は、福島交通株式会社の福島支社長 茅原 稔様に、
吉成洋拍理事から”きずな”の種が寄贈されました。

福島交通様では、2012年から毎年ひまわりを栽培。
昨年は、福島交通飯坂線の全駅や、バスの営業所でも
花を咲かせてくださいました。

昨年、福島支所では、支社長自らが率先してひまわりを栽培。
支所の入り口で花を咲かせ、地域の方に声をかけていただくなど
交流にも繋がったそうです。

また、長時間の運転後、戻ってきた運転手さんを
お迎えする全国の想いが花開いたひまわりは、
癒しとなったとのことでした。

[2013年 福島交通飯坂線の駅に咲いたひまわり]

福島交通株式会社では、ひまわり甲子園2014でも、感動の物語を発表。
震災直後のバスのエピソード、そして全国の里親さんの
応援メッセージが力になったことをお話してくださいました。


[ひまわり甲子園2014の様子]

福島県内で採れた”きずな”のひまわりの種は、
障がい者福祉施設で油になった後、
福島交通様のバスの燃料として走らせる計画も進んでいます。

[ひまわり油で走る予定の福島交通のバス]

福島交通株式会社様、ありがとうごいます。