[種寄贈] 福島民報社 様

4月8日、JR福島駅前の東口広場で、福島民報社様に
“きずな”の種を寄贈させていただきました。

福島民報社の常務取締役の矢森 眞人様へ
チームふくしまの堀内 孝勇理事より
全国の里親さんから頂いた種が手渡されました。

この日は、福島民報社様が東北の3社の新聞社とともに進める
「スマイルとうほくプロジェクト」の一貫として福島民報社様が
福島県商工会青年部女性部と福島県立明成高等学校の生徒と
一緒に作成した花時計の前で受渡しが行われました。

ちょうど、福島市はこの日から桜が開花。

花時計の周りに、福島市の観光名所である「花見山」をイメージした
満開の桜の花が咲く中での寄贈式となりました。

福島民報社様では、今年も、スマイルふくしまプロジェクトを通じて
県内各地できずなのひまわりを配布、育ててくださいます。

また、今週末に同じくJR福島駅 東口広場にて
『春!スマイル!ふくしま花笑みフェスタ』が行われます。
イベント内では、プロジェクトのブースも出展させていただき、
福島県民の皆様にひまわりを配布させていただく予定です!

福島民報社様ありがとうございます!

JR福島駅東口駅前広場の花時計前
で行われた‟きずな‟の種の寄贈式の様子が
新聞に掲載されました。


福島民報 平成26年4月9日(水)