[種寄贈] よつば保育園

3月9日に行われたひまわりバスツアーの中で、
南相馬市の高見公園で、
よつば保育園の園児の皆さんに、
ツアー参加の里親の皆様から
10,000粒の”きずな”の種が寄贈されました。

高見公園は、なかなか外で遊ぶことの出来ない
南相馬の子どもたちが自由に遊べるよう、
除染を徹底して行い、遊具を新たに設置。
水遊びが出来るじゃぶじゃぶ池もつくられ、
この日も沢山の子どもたちが太陽のもとで
安心して遊んでいました。

今年度から福島県内の皆様に配布する種は、
マスコットキャラクターのたびくまとひまポポが
プリントされたカードが入っており、
プロジェクトの概要や、里親さんの想いが
受け取った方福島県内に伝わるようになっています。

可愛らしいキャラクターの描かれた種を
里親さん達からもらい、
子どもたちは笑顔ではしゃぎまわっていました。

里親さんたちも、自分達が育てたひまわりが
福島の子どもたちの手に実際に渡り、
喜ぶ姿を、笑顔で見守っていました。

2013年に全国から送っていただいた
福島県内への種の寄贈もいよいよスタート!
今年の夏も、福島県内各地で
復興のシンボル「ひまわり」が咲き誇ります。

よつば保育園様、全国の里親の皆様、
バスツアーを企画してくださった福島交通様、
ありがとうございます。