■9/29 「ふたばワールドinなみえ2018」にてひまわりの種配布

9月29日(土)に、福島県浪江町の浪江町地域スポーツセンターにて、「ふたばワールドinなみえ2018」が開催されました。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 
「ふたばワールド」は、原発事故の前、双葉郡の8つの町と村の住民の交流の場として開かれた恒例の行事で、原発事故により離ればなれになった住民の繋がりを取り戻そうと平成25年に再開されました。
そのイベントにて、福島復興局の皆さまが復興庁のブースで、全国の里親さんから届いたひまわりの種500袋を来場された皆様に配布してくださいました。
あわせて、コミック「福島ひまわり里親プロジェクト物語」とルポ絵本「ぼくのひまわりおじさん」も子どもたちを中心にプレゼントしてくださいました。

 

 

 

 
種を受け取ってくださった方々から
「うちの子どもも、もらった種を育てています!」
「昔、浪江でひまわり畑をしていたから、思い出して元気が出ます。」
というような感想を多数いただいたと復興局の担当の方から教えていただきました。
また、ご高齢者の皆様には特に好評だったそうで、みなさん一様に表情が明るくなり、
「友達にも配るから!」と大量にお渡しする場面も見られたそうです。

 

 
双葉郡の皆さまに全国の里親さんの想いの詰まったひまわりの種を配布してくださった、福島復興局の皆さま、
種を受け取ってくださった皆様、
全国の里親の皆さま、
ありがとうございます。