ひまわり育成記録2

自宅に蒔かせていただいた、ひまわりの育成の記録をご紹介させていただきます。

前回9月10日のブログ では、

蕾の膨らみが確認できたところまでご紹介させていただきました。

9月19日、あれから9日、一輪目のひまわりが無事花開きました。

1番に開花したのはきゅうり畑の隣で、根切り虫の被害があった場所でした。

薬剤の散布後は被害もなく落ち着いた成長を見せ、

きれいな花を咲かせてくれました。

9月も半ば。畑の土手には秋桜もみられる時期にようやくの一輪目。

咲いたことに喜びを感じ、綺麗な花に心が揺れました。

福島ひまわり里親プロジェクト ブログ

9月23日

開きかけている蕾があり写真撮影を行ないました。

すると、どこか様子がおかしいことに気が付きました。

 

よく観てみると、開きかけている中央部分に青虫がお邪魔していました。

花びらに包まれて外敵に見つからないのか、それとも居心地が良いのでしょうか。

しかしこちらの青虫さんには、土にコロコロっと転がしお引取りいただきました。

別な移転先をお探しくださーい。

福島ひまわり里親プロジェクト ブログ

9月30日

植え替えをしたひまわりも順調に咲き始めています。

1番背が高いひまわりでも150センチと少しこぶりですが、

太陽に向かって力強い、鮮やかな黄色が順々に花が開いています。

しかし改めて見ると本当に皆同じ方向を向いているんですね。

 

福島ひまわり里親プロジェクト ブログ

10月24日

最後のひまわりの花が咲きました。

場所によって土の養分に差があるため、

開花時期が上手にずれて咲いてくれました。

お陰様で10月の半ばまでひまわりの花を楽しませていただくことが出来ました。

一番最後に花が咲いたのは、ポットに植えかえを行ったひまわりでした。

ポットからはみだす程の根を伸ばし、すくすくと元気に成長してくれました。

今までひまわりとは、1本の茎から1輪の花が咲く植物だと思っていました。

しかし、実際に育ててみないと本当の事なんてわからないんですね。

1本の茎から3つも花が咲いています。

福島ひまわり里親プロジェクト ブログ

『ひまわりの色って、こんなにも鮮やかな黄色だったんだ。』と、

毎年庭で観ているはずのひまわりですが、

この年のひまわりは本当に特別な花でした。

 

里親の皆様、本当にありがとうございました。