ひまわり育成記録

チームふくしま、研修生の加藤です。

先月、8月5日に

里親様からいただいた種を自宅の畑に蒔かせていただきました。

いただいた種は、

岩手県 緑峰高校様
鳥取県 津留様
熊本県 西村様

の種です。

大切に育てさせて頂きます。ありがとうございます。

早速、祖母ときゅうりの隣に場所を作り、

土を鋤いて、均して、一粒一粒丁寧に土の中に埋めていきました。

発芽率の関係もありましたが、

粒がふっくらしていて立派だったので一粒づつにしました。

芽が出て、ある程度の大きさになったら自宅からも見える位置に植えかえる予定です。

8月8日、

先日の種蒔きから3日、畑では次から次へとひまわりの芽が出始めております。

まだ土から顔を出したばかりで伸びきれてない芽、

双葉をピンと伸ばして堂々としている芽まで

じっくり観察していると同じ植物でも、

ひとつひとつ違って見えてくるので不思議です。
福島ひまわり里親プロジェクト ブログ

8月26日、

穏やかな成長に暗雲の陰が立ちこめております。

どうやら地中を根切り虫が闊歩しているようで、次から次へと被害が拡大しております。

さっそく薬剤の散布を行い、様子を見ることに。

また、本日植え替えも行いました。

根切り虫の生息を危惧し、7本は鉢に

残りは自宅からでもひまわりの花が見える場所に移植しました。

1本、コーヒーカップ型の鉢植えに移植したのですが、

携帯の画像のため、人にお見せすると

普通のコーヒーカップに植えたと間違われる方が多かったです。

皆さんにはどのように見えるでしょうか。
福島ひまわり里親プロジェクト ブログ

9月9日、

蕾の存在を確認しました。

まだまだ小さく、確認されたのもまだ一部です。

しかし、あれから根切り虫の被害もなく無事にここまで育ってくれました。

今後の成長がとても楽しみです。
福島ひまわり里親プロジェクト ブログ

植物の成長に生きる力を感じたこともありました、

日々貴重な体験をいただいております。

里親の皆様、本当にありがとうございます。