2015年度に福島県内で採れたひまわりの種がひまわり油に

本日2月16日、事務所に2015年度に福島県内で採れたひまわりの種から搾油したひまわり油が届きました。

搾油してくださっているのは、福島県郡山市にある社会福祉法人にんじん舎の会さま。
ここのハンディキャップを持った利用者さんに お仕事として 種の搾油を依頼しています。
ひまわりの種、約53kgから2リットルのひまわり油となりました。

このひまわり油は、福島県二本松市にある社会福祉法人あおぞら福祉会菊の里さまにて、バイオ燃料に精製されます。
ここでもハンディキャップを持った利用者さんのお力をお借りしています。

そして、そのバイオ燃料は福島県福島市内を運行している、福島交通株式会社さまのバスの燃料の一部となります。

その一連の流れをまとめた映像がございますので、ぜひご覧ください。

福島県内で全国の里親さんから届けられたひまわりの種を育ててくださっている皆さま、社会福祉法人にんじん舎の会さま、社会福祉法人あおぞら福祉会菊の里さま、福島交通株式会社さま、ありがとうございます。
そして、福島へ種を届けてくださる全国の里親のみなさま、ありがとうございます。