11月3日 ひまわり甲子園2017信州・北陸大会 開催!

11月3日(金・祝)に、長野県で「ひまわり甲子園2017信州北陸大会」が開催されました!
約60名の方にご参加いただきました。
当日は、とてもあたたかい素敵な甲子園でした。

写真とともに、当日の様子をご紹介します。

~ひまわり甲子園2017信州・北陸大会 ~
日 時:2017年11月3日(金・祝) 9:00~12:00
場 所:合宿・研修旅館 陽だまりの家
(〒399-0721 長野県塩尻市金井811)
プログラム:
【オープニングアクト】
合唱「群青」 岡山市立上の原小学校4年生の皆さま

【開会のことば】
福島ひまわり里親プロジェクト信州地区顧問
太田 智明 様

【第1部】
講話 「福島と夢新聞」
米澤 晋也 様

【第2部】
1、発表「中学校の部」
長野県長野市立裾花中学校
足立 洋美 先生
2、発表「小学校の部」
長野県岡谷市立上の原小学校4年生の皆さま
3、発表「佐久地域の活動」
長野県 佐久市  酒井 啓喜 先生
4、福島講話
「福島の現状とプロジェクトについて」
福島ひまわり里親プロジェクト 原 美子

【第3部】
1、ひまわりの種の贈呈式
2、講評
福島ひまわり里親プロジェクト
原 美子
3、「ひまわり」合唱
4、閉会のことば
福島ひまわり里親プロジェクト長野地区代表
山田 雅彦 様

▼福島ひまわり里親プロジェクト信州地区顧問  太田 智明 様

 

▼米澤 晋也 様

 

 

▼長野県長野市立裾花中学校  足立 洋美 先生

 

 

▼長野県 佐久市  酒井 啓喜 先生

 

 

▼福島ひまわり里親プロジェクト 原 美子と福島の子どもたち

 

 

 

▼ひまわりの種贈呈式

 

 

▼コメンテーター 会場提供  村上 博志 様

 

▼福島ひまわり里親プロジェクト長野地区代表 山田 雅彦 様

6年8か月が経った東日本大震災から、学ばれたこと、次に生かしていく教訓を発表してくださいました。

また、子どもたちは全て自分事と捉えて、種を食べるカラスへの対策術を実際に使用したものを用いれながらユーモアあふれる発表をしてくださいました。最後には何事にも感謝の言葉を伝えられる、子ども達の姿に感動しました。
そして、改めて長野県の里親さんの広がりは、取り組んでくださっている学校の先生方、地域の方々等から広がっていることを感じ、想いを込めてひまわりを育ててくださっていることを強く感じました。

今回の信州・北陸大会に関わってくださいました皆様のご理解・ご協力を頂き心より感謝申し上げます。
準備・当日の運営を行ってくださいました、ひまわり甲子園信州・北陸大会実行委員会のみなさま、

発表してくださいました、長野県長野市立裾花中学校の足立洋美先生、長野県岡谷市立上の原小学校4年生の皆さま、酒井啓喜先生、

講話をしてくださいました、米澤晋也様、

会場をご提供くださいました、村上博志様、

今大会に参加して下さったみなさま、

ありがとうございます。