【ひまわりキャラバンin長野】 岡谷市立上の原小学校 様

5月25日(水)から、長野県の里親さんである山田様主催で、長野県各地の学校で福島ひまわり里親プロジェクトの講演会を開催させていただいております。

その講演会2日目の5月26日(木)に、長野県岡谷市にある岡谷市立上の原小学校様で講演会を行わせていただきました。
今回は小学4年生のみなさんが講演を聴いてくださいました。

講演会を行う4年生の教室に向かう途中に、小さい黒板があり、
そこには児童の皆さんの福島県に対する思いが書かれていました。
そして、プロジェクトのTシャツもかけてありました。

 

 

 

教室に入ると、後ろの掲示板にもTシャツがかけてあり、その隣にはプロジェクトの一連の流れが書かれていた用紙が掲示されていました。本棚には、プロジェクトのマンガとたびくまくんの絵本が置いてありました。
黒板には、児童の皆さんが描いてくれたひまわりの絵が掲示されていました。
たくさんこれらを見て、4年生一段となってひまわりを植えて福島を応援してくれるという先生、児童のみなさんの気持ちが伝わってきました。

 

 

 

 

4年生の皆さんは、事前にプロジェクトのことを学習してくださっていたため、講演会は、児童のみなさんからの質問に答えていく形で進められました。

 

 

「プロジェクトの活動をしていて、何に誇りを持っていますか。」
「全国から送られてきた種が全部福島で使われているのですか。」
「なぜ、このプロジェクトが行われるようになったのですか。」
などたくさんの質問がでて、それも鋭い質問でした。
それだけ児童のみなさんが関心を持ってくれていることを感じました。

最後にたびくまくんが音楽に合わせて登場し、児童のみなさんと記念撮影。
児童のみなさんの満開の笑顔が咲いた、記念の一枚になりました。

 

 


岡谷市立上の原小学校様
ありがとうございます。