11月3日 ひまわり甲子園2015 信州北陸大会開催!

11月3日の文化の日に、長野県長野市の三輪公民館で、
ひまわり甲子園2015信州北陸大会が行われました。
日本全国からプロジェクトに取り組む里親さんが集まり
代表3校がひまわりを通じての想いやエピソードを
発表してくださいました。
オープニングを飾ったのは、
福島から参加した山木屋太鼓の子どもたち。
甲子園全国大会でもおなじみとなった
勇壮な演奏で幕を明けました。

続いて開会挨拶を
福島ひまわり里親プロジェクト長野地区顧問の
太田智明先生にいただきました。

甲子園の第一部は、いわき市立湯本第一小学校5年
NPO法人チームふくしまの
大和田 紗季理事より講話をさせて頂きました。
福島の現状と想いを福島の小学生よりお伝えしました。

第二部では、信州北陸地区の3つの里親の学校が
活動の取り組みを発表。

【発表1】福井県 鯖江市立待小学校さま
※東久邇宮文化褒賞受賞式参加のため、
映像での発表となりました

▶立待小学校 ニューヨークにてひまわりの歌披露
▶立待小学校福島訪問の様子

【発表2】長野県立北部高等学校さま

▶活動の様子:里親さんの声

【発表3】長野市立櫻ヶ岡中学校さま

三校による、感動の発表後、
NPO法人チームふくしまの鈴木厚志会長ならびに
ひまわり甲子園関西地区大会を主催してくださっている
のぞみ鍼灸整骨院の小嶋道範代表より総括を頂きました。

閉会のことばを、信州北陸大会を主催してくださった

山田雅彦さまより頂き、感動の一日、

まわり甲子園2015 信州北陸大会は幕を閉じました。

ひまわり甲子園2015 信州北陸大会には
ご来賓として
株式会社スタイルプラス 代表取締役 村上 博志さま
有限会社共和堂 代表取締役 米澤晋也さま
株式会社 菓匠Shimizu 代表取締役社長清水慎一さま
の三名の皆様がご参加くださいました。
各校の発表後には、ご来賓の皆様より
子どもたちの次の一歩へ、そして福島と日本の未来に繋がる
コメントも頂戴いたしました。ありがとうございます。

また、プロジェクトを運営するチームふくしまより< br>
鈴木厚志会長、大和田勳理事、藤島康広理事、
支倉文江理事、大和田紗季理事の5名が参加。
ボランティアに、福島大学学生ボランティア団体
Key’sさまもご参加くださいました。ありがとうございます。
今年で信州北陸大会は3回目の開催となります。
今年は、福島の子どもたちも参加させて頂き、
交流だけでなく里親さんに感謝を伝える場ともなりました。
信州北陸大会の代表団体は、
2016年2月21日(日)に福島県福島市の福島県文化センターで行われる
ひまわり甲子園2016 全国大会でも発表予定です。
信州北陸地区大会を主催したくださいました山田雅彦様、

感動の発表をしてくださいました発表団体の皆様、

ご多用の中、ご来賓に来てくださいました。
オープニング演奏、交流をしてくださいました山木屋太鼓の皆さま
子どもたちを支え見守られてきた先生方、地域の皆様、
ご参加くださった皆様、ありがとうございます。

<甲子園2015 地方大会 今後の日程>
■関東地区大会
日時:2015年11月29日(日)
10:00~12:00
12:00~ 交流会を予定
場所:千葉県青少年女性会館
(千葉県千葉市稲毛区天台6丁目5-2)
主催:ガールスカウト千葉県連盟北総地区 さま