長野県 岩村田小学校にて講演会開催

2015年5月20日~23日にかけて、
ひまわり甲子園2014で発表して頂いた山田様
長野県内の学校などを周り講演させて頂く
「長野キャラバン」のを企画して下さいました。

2013年から3年連続、3回目のキャラバン2校目は、
佐久市にある岩村田小学校です。

2015年5月20日、長野県佐久市の佐久市立岩村田小学校
3年生の授業の中で、福島の現状とプロジェクトについて
お話させて頂きました。
岩村田小学校では、酒井先生を中心に
毎年プロジェクトに取り組んでくださっています。
今回のお話の前には、酒井先生がプロジェクトのことを
お話してくださっていて、子どもたちにとっては、
今回が二回目となるひまわりの授業でした。

授業の中では、山田雅彦様もお話をして下さいました。
岩村田小学校は、生徒数が多くなったことで、
今年から学校が二つに別れたそうです。
離れ離れになったお友達がいる中でも、
お互いのことを想うことの大切さや、
その中で元気に笑顔で過ごすことの大切さを
山田様から子どもたちに伝えて頂きました。
授業の終わりの質問の時間では、
子どもたちから質問が止まらずに
興味をもって真剣に聞いてくださったことが
伝わってきました。中でも、
「自分たちが卒業する頃に、
このプロジェクトはどうなっていますか?」
という質問には、改めてプロジェクトを継続すること、
未来を描くことの大切さを気づかせて頂きました。
佐久市立岩村田小学校さま、ありがとうございます。