長野県立松本盲学校にて講演会開催

2015年5月20日~23日にかけて、
ひまわり甲子園2014で発表して頂いた山田様
長野県内の学校などを周り講演させて頂く
「長野キャラバン」のを企画して下さいました。

2013年から3年連続、3回目のキャラバンは、
長野県立松本盲学校さまからスタートしました。

2015年5月20日、長野県松本市の長野県立松本盲学校
授業の中で、福島の現状とプロジェクトについて
お話させて頂きました。

松本盲学校さまは、視覚障がいを持つ子どもたちが
学ばれている学校です。
いつもは、映像などを使用して福島のことをお伝えしますが、
今回の講演会ではラジオの音源や触覚などで
体感してもらい、震災のことをお伝えさせて頂きました。

生徒の皆さんはとても真剣に、そして楽しみながら
授業を聞いて下さり、震災への学び、防災の意識や、
全国の里親の皆さんや福島で咲かせてくださる皆さまから
「誰かのために頑張ること」を学んで下さいました。
5月中旬に生徒の皆さんで種まきもして下さり、
夏には満開の花を咲かせる予定です。
ひまわりの香りが、生徒の皆さんを
より元気にすることでしょう。
長野県立松本盲学校さま、ありがとうございます。