ひまわり甲子園2014信州・北陸大会in長野が開催!

11月3日(月)、長野県長野市で
ひまわり甲子園2014信州・北陸大会が
開催されました。

当日は、長野県をはじめ信州北陸地方で
福島ひまわり里親プロジェクトに
取り組んでくださっている思いやり
溢れる里親の皆様が参加してくださいました。

司会進行は、
昨年の長野で行われたひまわり収穫祭で
プロジェクトの取り組みを発表してくださった大嶋美穂子様。

木島平村立木島平中学校教諭で、
福島ひまわり里親プロジェクト信州地区顧問の
太田智明先生による開会の挨拶で
プレゼンテーションスタートです。

前半の部では、

【小学校の部諏訪市立中洲小学校 教諭 美斉津 浩子先生

絆のひまわりを育てることを通じて、子どもたちに
福島を想う温かい気持ち、誰かを思いやる優しい心が
育まれていった心温まるエピソードを発表をして頂きました。


【中学校の部】須坂市立墨坂中学校生徒会代表3名の生徒さん

墨坂中学校でのプロジェクトを始めるきっかけから、
文化祭でプロジェクトをテーマに取り組んだお話、
自ら率先してひまわりの世話をするようになった生徒の姿など
学校での様々な変化があった事例を報告してくださいました。

【一般の部】株式会社酒井商會 様

震災のあった3年前から継続して
取り組んでくださり、絆のひまわりを通じて
感じた一人ひとりの声を、映像とともに
紹介してくださいました。


発表の最後はひまわりのポーズで会場の皆さんを和やかに盛り上げてくださる酒井商會様。

後半の部では、

【中学生の部】飯綱町立飯綱中学校生徒の皆様

8月に福島を訪問して感じ学んだ事を発表して頂きました。

福島のためにひまわりを育てたことで
これからもひまわりを見るたびに
福島を思い出し、福島を忘れないということが
最大の支援だということの気づきをお話してくださいました。

【ひまわりの種贈呈式】


駆けつけてくださった吉田小学校の子どもたちや
公民の教科書を掲載して頂いている東京法令出版様、
想いを込めて大事に育ててくださった里親様、
飯綱中学校様

絆の種がチームふくしまへ手渡され、想いを引き継がせて頂きました。

総括を務めてくださった
福島県立猪苗代養護学校 原美子元校長先生。


参加者全員でひまわりの斉唱。
新たな絆とともに未来へ向かっていく想いに
全員で肩を組み歌いました。

そして事務局長の清野からの挨拶。

関西地区代表の小嶋道範様

信州北陸地区代表の山田雅彦様

2名よりお話を頂き、
参加者全員でお決まり「ひまわり~!」の掛け声とポーズで記念撮影。

ひまわりのような参加者の笑顔とともに
信州北陸大会in長野の閉幕です。

信州北陸地方でのひまわりが繋いだ絆、沢山のドラマに
会場は笑顔と感動に包まれていました。

ひまわりに込められた想いが、またひまわりを通じて繋がる。
絆が紡がれていく想いのリレーは、今もこれからも
多くの場所でバトンが繋がれていくことと感じます。

ひまわり甲子園信州北陸地区大会
実行委員長を務めてくださいました山田雅彦様を
はじめ、運営を進めてくださった長野県の里親の皆様、
ご参加くださいました皆様へ
心より感謝申し上げます。