ひまわり除染モニター畑

福島市の福島ひまわり里親プロジェクト のモニター畑に行ってきました。
adica blog

いいお天気で気持ちがよかったです。

今回は、畑で育ったひまわりを抜いて土壌の測定を行いました。
adica blog

まずは、畑の脇の土壌を計測

adica blog
0.24Bq/cm2=2、400Bq/m2

続いてひまわりを抜いた土壌を計測
adica blog
0.00Bq/cm2=0Bq/m2(厳密には99Bq/m2以下)

ひまわりを抜いた脇の
adica blog
土壌表面を測定
adica blog
0.13Bq/cm2=1、300Bq/m2

この結果からわかることは、ひまわりの育った土壌の

放射線量確実に下がっていると確認できます。

ただし、ひまわりが育った根周辺のみで

土壌の表面の放射性物質はまだ残っている状況です。

継続的に土壌改善を続けることで確実に下げていけるので

はないかと感じました。

今後有効かつ効率的に土壌再生に取り組む1歩になりました。

2歩、3歩と福島県民全体で歩みたいと思います。

畑の脇に里親プロジェクトのひまわりとは別の種類の
adica blog
ヒマワリが育っていました。

こちらのひまわりを抜いて
adica blog

効果を確認してみました。
adica blog
0.11Bq/cm2=1100Bq/m2

この結果だけを観ると、やはり

里親プロジェクトのハイブリッドサンフラワーの

効果と比べると低く感じます。

写真ではわかりにくいですが

根っこを比較すと若干の違いが感じられます。
adica blog
違う種類のひまわりの根

adica blog
里親プロジェクトのひまわりの根

里親プロジェクトのひまわりの根の方が細かく枝分かれ

しているように観えます。

ひまわりの根を計測
adica blog

0.12Bq/cm2=1,200Bq/m2

花(種)部分を計測

adica blog
0.02Bq/cm2=200Bq/m2

これを観る限り根の部分の放射線量が高いです。

実際には土をはらい計測することでひまわりの

線量が計測できますので後程行いたいと想っています。

もう一か所の畑でもひまわりを抜いた部分の
adica blog
計測を実施しました。

adica blog
0.02Bq/cm2=200Bq/m2

adica blog
0.00Bq/cm2=0Bq/m2(厳密には99Bq/m2以下)

やはり、根の周辺部分の土壌は線量が低いと確認できました。

続いて、伊達市のモニター畑へ
adica blog

こちらの畑は、蒔き時期がズレて半分が開花中で
adica blog

半分が種が育っている状態です。
adica blog

綺麗な景色です。

ひまわりたちが風に揺れています。

こちらの畑も後程ひまわりを抜いて
adica blog
測定を実施します。

なにもせずに土壌の改善はありません。

効果の大小はあると思いますができることで

可能性にかけて行動していく必要があります。

adica blog

今後も、モニターを行い、土壌の再生を確認したいと思います。

そして未来に繋げていきたいです。

可能性を信じ、モニター畑を提供してくださった農家さんにも感謝しております。

そして、大きく育ったひまわりたちを見て力強い生命力を感じました。

このひまわりたちに感謝したいと思います。

昨日、測定のためにひまわりを数本抜いたのですが

とても大きな労働力が必要だと実感しました。

また同時に、回収方法などのアドバイスなどありましたらお寄せください。