【里親さまの取り組み】宇治ひろの学園 様(京都府)

こんにちは。

福島ひまわり里親プロジェクト事務局です。

 

6月26日(火)、京都府の里親さんの宇治ひろの学園様が、ひまわりの種まきを行ってくださいました。

 

宇治ひろの学園」は、宇治市立広野中学校と大久保・大開両小学校の3校があります。広野中学校でプロジェクトに参加していた卒業生の呼びかけをきっかけに、3校が連携した小中一貫教育活動の一環で行ってくださっています。

 

この日は、まず、広野中学校の生徒の皆さんが大久保・大開小学校の児童の皆さんに紙芝居『たびくまとひまわりばたけ』の読み聞かせを行い、プロジェクトの活動を説明してくださいました。

 

 

 

 

 

続いて、児童の皆さんと生徒の皆さんで広野中学校の花壇に、ひまわりの種を蒔いてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

この日の様子が、6月27日(水)の城南新報に掲載されました。

 

▲2018年6月27日(水) 城南新報 掲載

 

また、この日、震災初年度からプロジェクトに参加いただいている、のぞみ鍼灸整骨院の院長 小川由智様もご出席してくださいました。

 

▲広野中学校の皆さんと小川院長

 

 

宇治ひろの学園の皆様、のぞみ鍼灸整骨院 様、株式会社城南新報 様

ありがとうございます。