【新聞掲載】<京都モデル>京都府宇治市立広野中学校へ種贈呈式。のぞみ鍼灸整骨院様・鈴木会長講和

京都府の里親さんでいらっしゃる、のぞみ鍼灸整骨院様からのよびかけで、

6月27日(火)京都府宇治市立広野中学校様にて、

福島へ思いを寄せる「ヒマワリの種」贈呈式が開かれました。

 

その様子が6月28日(水)の城南新報に掲載されました。

 

 

寄贈式では、のぞみ鍼灸整骨院の小嶋道範総院長・小川由智院長、

NPO法人「チームふくしま」の鈴木厚志会長から、

「福島ひまわり里親プロジェクト」の理念、雇用創出や観光振興を伝える講和をさせていただきました。

 

宇治市広野中生徒会長様、大久保小児童会長様、大開小児童会長様に、

ひまわりの種を手渡し、児童生徒20名の皆さまが、

早速、中庭の花壇にひまわりの種を植えてくださいました。

 

夏に京都に咲き誇るヒマワリの花が楽しみです。

 

宇治市広野中学校様、宇治ひろの学園様(大久保小児童会様、大開小児童会様)

のぞみ鍼灸整骨院様、

城南新報様、

ありがとうございます。