鳥取県南部町立南部中学校 山本先生の取組み

切な方のお別れのお知らせを受けました。
鳥取県南部町立南部中学校の山本真二先生が
30歳という若さでご病気のためご逝去されたと
悲報が届きました。

山本先生は、福島大学のご出身で、
震災を福島で経験された後、
地元の鳥取県にもどり、震災経験を
子どもたちに伝えていらっしゃいました。

第1回ひまわり甲子園にもご参加され、
その年の冬には生徒会の生徒さん2人を連れて
南相馬や浪江町、福祉作業所「和(なごみ)」さんの
見学にいらしてくださいました。

「これは、私の使命です。
私の故郷である鳥取と、第二の故郷、
福島の架け橋になりたいと思っています。」

とおっしゃた山本先生。
その言葉通り、鳥取と福島のために全力で尽くしてくださいました。
山本先生、鳥取と福島のために
一所懸命してくださって、本当にありがとうございます。
心から感謝申し上げます。

突然の知らせに ただただ驚くばかりです。
残念でなりません。
心から ご冥福をお祈りいたします。

南部中学校で、山本先生が取り組んでくださった
「南中ひまわりプロジェクト」

その取り組みが評価され、
「第13回ちゅうでん教育振興助成」を受託されています。

南部中学校さんの取り組み
http://www.chuden-edu.or.jp/oubo/oubo1/kekka2013/jyoseiitiran.html

http://www.chuden-edu.or.jp/oubo/oubo1/kekka2013/pdf/jyosei2013f-28.pdf

▼南部中学校さんの取組
福島ひまわり里親プロジェクト ブログより
http://ameblo.jp/sunflower-fukushima/entry-11735905127.html
http://ameblo.jp/sunflower-fukushima/entry-11450298837.html
http://ameblo.jp/sunflower-fukushima/entry-11458667128.html
http://ameblo.jp/sunflower-fukushima/entry-11418272981.html