3・11

東日本大震災・原発災害より五年
こんなにも、福島が変化、進化する日々になりました。
ただただ、合掌、祈りをささげるばかりです。
震災でお亡くなりになった人々に
この原発の終息に未来の子供たちにしっかりと誇りある福島、日本を受け継ぐために
伝承伝達できるように。

合掌

福島ひまわり里親プロジェクト
本日より種の発売スタートです
毎日新聞さん<br><br><br>

 全国でヒマワリを育ててもらい、花から取った種を福島に送る「福島ひまわり里親プロジェクト」の今季の申し込みが11日、始まる。福島第1原発事故後、地元の若手経営者らが発案し、5年間続けている。

 種からバイオ燃料を作ったり、復興のシンボルとして県内各地で花を咲かせたりする。今回、中心メンバーの男性の長女で小学5年、大和田紗希さん(11)が主催団体の「子供理事」に就任した。

 大和田さんは福島県いわき市で暮らすが、事故により生まれ育った同県富岡町を追われ、県外での母子避難も経験した。「日常の大切さが分かった。みんなで幸せの大輪を」と呼び掛ける。【荒木涼子】

http://mainichi.jp/articles/20160311/k00/00m/040/029000c