[ひまわりツアー] 立命館高等学校

3月27日~28日にかけて
京都府の里親さんの
立命館高等学校の生徒会生徒3名と
顧問の先生1名の計4名が福島を訪問。
被災地見学や福島県内の団体様への寄贈、
交流を行いました。

27日、朝早くにバスで到着すると、
立命館の生徒たちは安達高校へ。
安達高校の美術部の生徒と、
浪江高校津島校の生徒会生徒に
種を寄贈し、交流を深めました。

[種寄贈] 安達高校&浪江高校津島校

その後、二本松郵便局を訪問し、
二本松の郵便局へ種を寄贈。

[種寄贈] 二本松郵便局

その後は、福岡県の里親の
筑紫女学園大学の学生と合流し
二本松市の障がい者通所施設和(なごみ)を見学。
作業体験も行いました。

福島の”今”を知るツアーに参加し、
福島の現状を体感しました。

道中で、介護老人保健施設の
さわやかアイリス様へ種を寄贈しました。


[種寄贈] さわやかアイリスへ 京都府立命館高校&福岡県 筑紫女学園大学から

その後、生徒たちはひまわりプロジェクトでは
お馴染みとなった福島交通の飯坂電車に乗って
福島市飯坂温泉の吉川屋に宿泊。
夜に、チームふくしま理事で、
吉川屋七代目・若旦那と若女将の
復興講話を聴いていただきました。

福島を”知る”だけでなく、
福島と京都の学生同士の交流を深めた
福島訪問となりました。