[新聞掲載]大分県と福島県の交流 ひまわりのつえ

11月20日(水)読売新聞に
大分県中津市の里親 竹馬会様
活動が掲載されました。

プロジェクトの種から育てたひまわりの茎を
使って30本のつえを作られました。

今年は6,000本のひまわりを育てられたそうです。


読売新聞掲載記事 平成25年11月20日(水)

竹馬会の事務局長 相良卓紀様は、
昨年3月に開催した第1回ひまわり甲子園で
九州地区代表として、スピーチしてくださいました。

そのときに、福島県大越町ひまわり会の佐久間辰一様が
ひまわりの茎を使ってつえを作られていることを知り
つえの作り方を教わるなど交流が始まりました。

ひまわりのつえは、竹のつえよりずっと軽く
1本200グラム前後しかないそうです。

竹馬会会長の佐賀一彦様は、
「お年寄りたちにつえを使ってもらい、
ひまわりを通して被災地との絆を深めたい。
来年はもっと多くのつえを作りたい。」

事務局長の相良様は、
「お年寄りたちや子どもたちにつえ作りに参加してもらい
被災地を忘れない気持ちを広げたい。
名物行事になればうれしい。」
と、話されたそうです。

竹馬会様、今年もありがとうございます。
読売新聞様ありがとうございます。