ひまわりが咲かせた三重と福島の中学生交流【松阪市立中部中学校 復興ツアー前編】

ひまわりをきっかけに三重県の松阪市立中部中学校と
福島県の福島市立福島第四中学校の交流が生まれています。

福島ひまわり里親プロジェクト ブログ

昨年、里親で中部中学校教諭の喜多先生が
ひまわり里親プロジェクトに取り組む中で
強い関心を持ち、福島を訪問。福島第四中学校を訪れました。
これが、縁となり、両校の交流がはじまりました。

今年7月には、福島第四中学校の皆さんが三重県に招かれ、
中部中学校の皆さんとの交流会や、松阪祗園まつりに参加し

勇気をもらいました。

そして、今月10月6日、7日の二日間、

今度は三重県より中部中学校の皆さんが

福島を訪れ、復興ツアーに参加。

ツアーの中で、交流の機会を設け、

両校の絆がさらに深まりました。

 

福島ひまわり里親プロジェクト ブログ

7月の訪問時、福島四中が三重県の皆さんから頂いたメッセージ)


10月6日、福島第四中学校の生徒、先生方、保護者の皆さんが

中部中学校の歓迎レセプションを開催。

福島第四中学校と中部中学校の子どもたちが
同じテーブルを囲み、会食しました。
はじめは、お互い緊張していましたが、すぐに打ち解け、
震災の話だけでなく学校での話にも花が咲きました。

福島ひまわり里親プロジェクト ブログ

この日、中部中学校の皆さんは、

福島市飯坂で行われた「飯坂けんか祭り」も体験。

お神輿を担ぎ町内を練り歩きました。

 

翌、7日は、チームふくしまによる
「福島の現状を正しく知るための研修会」を
両校の生徒に聞いて頂きました。

福島第四中学校からの感想と、
中部中学校からの感想を発表し合い、
想いを共有し合いました。

 

中部中学校の皆さんの
復興ツアーはこのあとも続きましたが、
福島第四中学校の生徒の皆さんとは、ここでお別れ。

固く握手を交わし、再開を約束しました。

 福島ひまわり里親プロジェクト ブログ

松阪市立中部中学校 復興ツアー後編に続く