【里親さんの取り組み】安城学園高等学校 様(愛知県)

2021年1月12日に、愛知県の里親さんの安城学園高等学校様よりメッセージをいただきましたので、ご紹介させていただきます🌻

—以下、頂いたメッセージ—

いつもお世話になっています。
愛知県にある安城学園高等学校で「福島ひまわり里親プロジェクト」を担当している生徒会1年の神谷美葵と申します。
昨年も多くの方に、「福島ひまわり里親プロジェクト」に参加してもらうことができました。例年通り、学内で呼びかけ、種を配り、家庭で育ててもらいました。また、特別常任委員や多くのクラブ生の協力で、学校で育てたひまわりは、7月末には鮮やかな黄色を輝かせて、学校を華やかに彩りました。
そして、昨年は新たに安城産業文化公園「デンパーク」の方々に、ひまわりの里親を引き受けて頂けることになりました。コロナで登校できないなか、先生たちが「デンパーク」の職員の方たちと種をまいて準備をしてくれました。1か月後、登校できるようになり、先輩たちが苗を移植、さらに1か月後、みごとなひまわりが開花しました。来場者の方にも、ひまわりの種を配ることができました。また、「福島ひまわり里親プロジェクト」についての説明(QRコード付)や本校と福島とのつながりなどの看板も設置してもらいました。このような本校と「デンパーク」との交流を新聞で知り、学校にひまわりの種を届けてくれた方もいました。

2021年1月12日 中日新聞 掲載

「デンパーク」は来年も引き続き、里親になってもらえそうです。そして、今年の夏、新たに「安城西中学校」や東日本大震災後から交流が始まった「岩手県立大船渡東高等学校」も「福島ひまわり里親プロジェクト」に参加してもらえることになりました。
コロナ感染症の影響が広がるなかでも、「福島ひまわり里親プロジェクト」への参加の広がりがあったことを、うれしく感じています。愛知県安城から福島へ「種」を届けます。よろしくお願いいたします。

—————————————–

安城学園高等学校様は2017年からプロジェクトにご参加いただき、年々取り組みを拡大しながら取り組まれていて、嬉しい限りです。
また、メッセージを頂いた日に種も届きました🌻
沢山の種をありがとうございます🌻

安城学園高等学校 様、安城産業文化公園「デンパーク」様、ありがとうございます。