【ひまわり結婚式】大越町にて種まき式開催!

5月3日(土)福島県田村市大越町牧野地区にて、
ひまわり結婚式 種まき式が行われました。

2013年から3年連続の開催で、
今年は3組のカップルが結婚を祝って種を撒きました。
種まき式では、チームふくしまの吉成理事から
大越町まちづくり協議会を代表し、牧野ひまわり会の会長でもある
佐久間辰一先生に全国から届いた「きずなの種」が贈られました。

その種を使った、結婚記念の種まき。
一昨年、ひまわり結婚式を挙げた石山夫妻、
昨年の石井夫妻とともに、
今年結婚する関根夫妻、小林夫妻、高林夫妻が種を撒きました。

種まき式の後には、福島市の佐藤さんが、公開プロポーズ。
4組の結婚を祝う式になりました。

結婚のお祝いとこれからの幸せ、福島復興を祈願して、
山木屋太鼓チーム朱雀の演奏でフィナーレ。
途中、太鼓体験の時間もあり、皆で楽しみながら
結婚する皆さんを祝福しました。

また、この日は朝から、全国の里親さんから届いた
きずなの種まきも開催されました。
種まき、懇親会などでは、福島大学学生ボランティア団体の
Key’sの皆さんが大活躍してくださいました。

 

 

 

5月3日(日)、福島県にある田村市大越町、牧野地区で
福島県内のカップル3組による、幸せの種まき結婚式が開催され
その様子が新聞に掲載されました。

福島民報 ワイド版 2015.5.5(金) 掲載

 

福島民友 2015.5.8(金) 掲載

 

日本経済新聞 2015.5.23(土) 掲載

福島民報社様、福島民友新聞社様、日本経済新聞社様、
ありがとうございます。