[福島県内開花情報]福島県立商業高校 様の取り組み

福島市の福島商業高等学校様でも
全国の里親さんが育ててくださった
“希望”のひまわりを咲かせてくださいました。
本日は、育ててくださった生徒の皆さんの声をお届けします。

福島商業高等学校では、2012年から
里親さんのひまわりを育ててくださっています。
2012,2013年は美化委員会の活動として活動してくださいました。


[2012年の活動の様子]

今年、2014年は生徒会活動としてプロジェクトに取り組んでくださいました。
希望の種は、全クラスに配布。

各家庭などで育ててくださいました。

[2014年寄贈式の様子]。
ひまわりを育ててくださった生徒さんの声をご紹介いたします。

2年 八巻さん
「これまで植物を育てた経験があまりなかったこともあり
ひまわりの種を自分で蒔いて、咲いた時は感動しました。
植物を育てることはこんなにも嬉しくて感動することなんだと 気づきました。
来年の夏は、今回以上にたくさん咲くように取り組みます!」


2年 渡辺さん
「たった一粒の種でも立派な花を咲かせました。
想いのこもった頂いたものを無駄にはできないと思いました。
また、ひまわいを通して、家族との交流も生まれました。
ひまわり一つで、全国の人と世界とつながることが出来る
このプロジェクトは、素晴らしいなと思いました。
祖母の家にも持って行き、植えてもらいたいと思います。」


2年 伊藤さん
「明るくて好きなひまわりの花を自分の家の庭に植えました。
一度咲いた花が、もう一度綺麗に咲かせられることがわかり、
驚きました。家族のみんなとも花の観察や、水あげなどで協力出来ました。
次回も、大きくて綺麗なひまわりを咲かせたいと思いました。」


[㊤福島商業高校の生徒の皆さんが育てたひまわりの様子]
全国の里親さんからいただいたひまわりを通して、
家族とのふれあいがうまれたり、自然や花に感動されたようです。
また来年も、里親さんの皆さんが育てて下さったひまわりを
福島商業高校の皆さんが大輪の花を咲かせてくださることでしょう。
福島商業高等学校の皆様、ありがとうございました!