福島県教育委員会を通じ、小中学校700校にCD、コミック配布

2012年、福井県鯖江市立待小学校当時3年生だった子どもたちが作った復興応援ソング「ひまわり」を録音したCDが福島県内の小中学校700校に配布されることになり、3月12日に福島県教育委員会様にCDとプロジェクトの生い立ちやひまわりを通して生まれた物語が詰まったコミック『福島ひまわり里親プロジェクト物語~チームふくしまの軌跡~』を寄贈しました。

 

今回寄贈したCDの盤面や歌詞の書かれたカードには、立待小学校の子どもたちによるひまわりの絵やメッセージが印刷されています。

▲歌詞の書かれたカードのひまわりの絵

 

▲CDの盤面のイラスト

 

「ひまわり」は2015年に福島県教育委員会で作成された「ふくしま道徳教育資料集 第Ⅲ集」に掲載されています。

 

 

 

 

 

 

この歌を録音したCDが鯖江市から福島県教育委員会に寄贈されることになり、当時3年生の担任をされ、現在、鯖江市公認「復興サポーターひまわり大使」の岩堀美雪様から担当者様へ寄贈されました。
また、CDと一緒に「ひまわり」の歌に関するエピソードが掲載している『福島ひまわり里親プロジェクト物語~チームふくしまの軌跡~』も寄贈されました。

 

 

寄贈されたCD700枚とコミックは、今月中に福島県内すべての小中学校に配布され、道徳の教材として活用されます。

この日は、「ひまわり甲子園2018全国大会」に出場してくださった、佐賀県唐津市立浜玉中学校の皆様も同席されました。

 

 

 

 

▼ニュース映像(NHK福島放送局「はまなかあいづ」2018年3月12日放送)

 

▼【関連】 復興応援ソング「ひまわり」がつないだ感動特集映像(NHK福島放送局「はまなかあいづ」2018年3月16日放送)

 

 

福島県教育委員会様、福井県鯖江市様、岩堀美雪様、NHK様、唐津市立浜玉中学校の皆様、

ありがとうございます。