ひまわり甲子園2016全国大会映像①

2016年2月21日に行われた、
「震災があったから“こそ”うまれた物語」を発表する
ひまわり甲子園2016全国大会
ついに今年で第4回を迎えることができました。
どの発表も心に残る発表ばかり。
また今年もこの福島の地で、たくさんのひまわりの物語が紡がれました。
当時の会場の様子を一人でも多くの里親の皆様に見て、
感じ取って頂けたらと思い、映像をご紹介させて頂きます。
ブログ、HPにて定期的に配信させて頂きますので、ぜひご覧くださいませ。

本日はいよいよ、ひまわり甲子園2016全国大会の様子を
ご紹介させて頂きます。

【ひまわり甲子園2016全国大会】

■発表1福島×全国の交流事例
福島県いわき市立湯本第一小学校
大和田 紗希

大和田紗希さんは、予選会でも発表して頂いております。
紗希さんの予選会での発表の様子はこちらからご覧いただけます。
紗希さんは、震災以前原発の近くに住んでいたとのことで、
震災当時の記憶やその時の想いを語ってくださいました。
そして、震災後避難した紗希さんは、茨城県の中学校へ避難。
その先の小学校で、福島ひまわり里親プロジェクトを
広めたとのことです。

震災の当事者だからこそ伝えられる想いが
小学生の目線から会場のみなさんの心に
届いてくるような発表でした。
ありがとうございました。
次回は、鉾田市立旭南小学校さんの
発表の様子をお伝えさせて頂きます。
全国大会の前日に行われました
予選会の発表の様子は下記からご覧いただけます。

■ひまわり甲子園予選会

[発表1]宇治市立広野中学校
[発表2]
長崎県佐世保市立清水中学校
[発表3]
松阪市立中部中学校