ひまわり甲子園予選会映像2016②

2016年2月21日に行われた、
「震災があったから“こそ”うまれた物語」を発表する
ひまわり甲子園2016全国大会
ついに今年で第4回を迎えることができました。
どの発表も心に残る発表ばかり。
また今年もこの福島の地で、たくさんのひまわりの物語が紡がれました。
当時の会場の様子を一人でも多くの里親の皆様に見て、
感じ取って頂けたらと思い、映像をご紹介させて頂きます。
ブログ、HPにて定期的に配信させて頂きますので、ぜひご覧くださいませ。
本日は、ひまわり甲子園全国大会の前日に行われました、
予選会での発表の様子をご紹介させて頂きます。

【ひまわり甲子園 予選会】

■発表2 
長崎県佐世保市立清水中学校

JRC委員会が中心となって
福島ひまわり里親プロジェクトに取り組み、
ひまわりを育ててくださった様子をお話しておりました。
ひまわりを育てるだけではなく、
封筒メッセージの作成や、グッズの販売、
美術部での折り鶴ひまわりの壁面画を作成して頂いたとのことです。
そして、この活動により、福島の中学校さんから
お礼が届くなど、ひまわりによって繋がりが広まっているそうです。

 

清水中学校さんが作成された封筒メッセージは

プランターにひまわりと一緒に添えられています。

ひまわりの種だけではなく、それに

メッセージを添えて福島への応援の気持ちを贈る

素敵な活動の様子でした。

ありがとうございました。

次回は、同じく予選会での松阪市立中部中学校さんの発表の様子をご紹介させて頂きます。