8月17日~22日 福井と福島の子どもたちがアメリカで「ひまわり」の歌を届けました。

8月17日~22日、福井県鯖江市立待(たちまち)小学校と福島県の子どもたちが
アメリカ・ニューヨークで復興応援歌「ひまわり」を歌い、福島から世界に歌と元気を届けました。
◆ニューヨーク育英学園  フレンズアカデミータンポポ幼稚園

◆ハーレムのゴスペル教会

▼映像:ゴスペル教会で歌を披露している様子

◆ニューヨーク育英学園 NJ校

◆タイムズ・スクエア

◆ロックンフェラー・センター

その他、アメリカの各箇所で子どもたちが「ひまわり」を
披露し、想いを届けました。

今回、この企画を立ち上げ中心となっておられた
立待小学校の子どもたちの歌のきっかけをつくった元教諭 岩堀美雪先生は、
子どもたちが3.11の震災を忘れないため、
被災地支援を続けるために、さばえ×クラウドファディングで
呼びかけ、広げるなど多くの場で活動を伝えてくださいました。

https://faavo.jp/sabae/report/list/615/p/2

福井県鯖江市立待小学校の皆さま、福島の子どもたち、そのご家族の皆さま
日本から応援してくださった皆さま、岩堀先生、現地でサポートをいただきました皆さま、
子どもたちの歌に出会い聴いてくださったアメリカの皆さまありがとうございます。