福島ひまわり里親プロジェクトで 「尊敬される福島」へ 半田真仁

本日は東方通信社さまより出版して頂いております、
「いま伝えたい 福島からの声 著・「福島からの声」編集委員会」に
掲載頂きました、内容をご紹介させて頂きたいと思います。


 

 


福島ひまわり里親プロジェクトで
「尊敬される福島」へ


半田真仁 NPO法人チームふくしま 代表理事

自分が生きてる意味はなんだろう。自分はなぜ、生かされているのだろう。

商社勤務の20代の頃、大ケガをして入院した。
入院中、友達になった小学生が亡くなるという出来事に直面し、
人生の価値観が大転換した。

「これからの人生、生きている限り、誰かの役に立つ人間になりたい」
と強く思い、転職を決意した。

ご縁があって、福島県商工労働部雇用対策グループの仕事を
させていただき、その後、福島県に特化した経営支援の会社
採用と教育研究所」を設立した。

そして、これからというときに
震災が起こった。広島で生まれ育った私は、子供の頃から8月6日の
歴史を教わって育った。

その私がまさかこんな出来事に直面するとは
想像もしていなかった。震災が起こってすぐに頭をよぎったのは、
働く仲間、お客様、そして志を同じくする福島の友人たちのことだった。

農業をしている友人からは「未来の希望を失った」と言われ、
県内の知的作業所からは「福島の観光が停滞したため、主力だった
『まんじゅうの箱折り』の仕事がなくなった」と教えられた。

そこで、県内の若手経営者(20~30代)の有志でNPO法人
チームふくしまを立ち上げ、「福島ひまわり里親プロジェクト
をスタートさせた。

当時、「復興のシンボル」としてヒマワリを
植えようという動きが各地で広まっており、それをこの
プロジェクトでもシンボル事業とすることにした。

鈴木厚志会長が
提唱する「FOR YOU FOR JAPAN」(あなたのため、日本のため)
を活動理念に「同情の街から尊敬の街へ」をテーマにした
プロジェクトを推進している。

プロジェクトの目的は、大きく分けて3つ、
雇用対策」「観光対策」「風化対策」である。

①福島の支援者(里親さん)を全国から募集。里親さんにヒマワリの種を
栽培してもらい、福島に種を送ってもらう。

②集まった種を袋詰めして販売。
この袋詰め作業を福島県内の作業所に委託し、障害者の雇用を創出する。

③里親さんに福島へ種を持参してもらうことで、環境復興と絆づくりを
図る。

ヒマワリと観光を結ぶ事業に奔走したのは、
飯坂温泉吉川家の若旦那・畠正樹氏。「これは感動観光だ」と
メンバーも燃えた。

里親さんをはじめ、多くの人が福島を「忘れない」
ために協力してくれた。現在46都道府県に約1万6000人の
里親さんが誕生、10万人以上の方が関わり、福島をわがことのように
応援してくれている。

昨年の夏以降は、ヒマワリの種とともに
全国2万人から手紙や励ましのメッセージが続々と届いている。
これはまさに福島の財産。

この展示・保管場所を探しており、
たくさんの人に見ていただく機会を設けたいと考えている。
仕事柄、子どもたちと接触する機会が多いので、
最近の様子を聞いてみると、震災前は、
お菓子屋さんやスポーツ選手など、

憧れの職業を口にした子どもたちが、震災後は
人に喜ばれる大人になる」と答えるようになっている。

震災後に駆けつけてくれたボランティアの姿や、
命懸けで働く輝く身近な大人の背中を見たからだ。
世界初の「ヒマワリの種付き絵本」の販売も始めた。

広島が復興したように、福島にも多くの人が観光で
訪れるようにしたい。

10年、20年後も、憧れる企業や人物で
あふれる福島県であるようにしたい。

伝説となる人物や企業を世界に送り出してみたい。

尊敬される福島」、それが私たちの目指す夢なのだ。