【新聞掲載】復興支援ソング「ひまわり」の物語が、道徳教育資料集に掲載。福島県内全小学校に配布。

東日本大震災で被災した福島県のために鯖江市立待小の児童の皆さんが復興支援ソング「ひまわり」を贈ってくださった物語が、福島県教委発行の道徳資料集に掲載され、福島県内の全小学校に40~80冊づつ配布されています。

 

鯖江市立待小学校の元教諭の岩堀美雪さんへのインタビュー、福島ひまわり里親プロジェクトの活動の様子を6月20日(火)の福井新聞に掲載いただきました。

福井新聞 2017年6月20日 (火) 掲載

 

資料は道徳の授業で活用され、

福島と全国各地との強い絆がうまれたことを継承していく物語となっています。

 

6月27日(火)、資料集掲載の記念と活動への感謝を込め、NPO法人チームふくしまの理事長が鯖江市立待小学校を訪問。

贈ってくださった「ひまわり」の歌詞を紹介する看板を寄贈させて頂きました。

 

※立待小学校の皆さんが作詞・歌ってくださった「ひまわり」の様子はコチラ

 

岩堀美雪様、鯖江市立待小学校様、福井新聞社様

ありがとうございます。