プロジェクトが防災教育に活用されています

福島ひまわり里親プロジェクトが、京都府京田辺市の
京田辺市立松井ケ丘小学校で防災教育に活用して頂いています。


[京都新聞 11月27日掲載記事]

▼下記リンクでもご覧いただけます。
http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20141127000043

松井ケ丘小学校様は平成26年度京田辺市の
安全(防災)教育チャレンジモデル校。

プロジェクトに取り組んでいただき防災意識を高めるとともに
11月26日には全校生徒の前でプロジェクトの講演会も開催。
この日は、プロジェクト理事による講話だけでなく、
同じ京都府でプロジェクトに取り組み、ひまわり甲子園2013にも出場した
里親企業ののぞみ鍼灸整骨院の岡翔平さんも講師として登場。
震災の時の体験やその後の福島、つながりの大切さなどを
お話しさせて頂きました。
防災、道徳、英語教育など様々な教育の面でプロジェクトが
活用されています。
松井ケ丘小学校様、
のぞみ鍼灸整骨院様、

記事を取り上げてくださった京都新聞様
ありがとうございます。