2014ひまわり甲子園 中国・四国大会

2014年8月6日、広島県にとっては大切な一日に
広島県広島市のアステールプラザで行なわれた
ひまわり甲子園  初の中国・四国大会が開催されました。

前日には参加者の皆様でひまわりの花を献花させて頂きました。〈昨年の様子です〉


 

ひまわり甲子園2014 中国・四国大会は、ひまわり甲子園の地方大会。

広島県の里親さんで「福島ひまわり里親プロジェクトを応援する会」の代表の
渋谷様が主催者として、会を進めて下さり、
中国・四国地方の里親さんが、プロジェクトのひまわりをきっかけに
うまれた物語を発表しました

向洋の皆さんの入り口でのポスターセッションとさいたばかりのひまわりたちのお出迎えです。


[主催者であり、福島ひまわり里親プロジェクトを応援する会の渋谷様]

甲子園は、二部構成。第一部は、チームふくしまの理事メンバーより
福島の現状やプロジェクトへの想いをお話させていただきました。


海田町ひまわり会からご縁を頂きました素敵な司会の青谷さん

大和田理事の講話「 絶望から希望へ」 
~本当に大切なモノは 身近にあった ~
被災から再生の事業物語が特集されています

鈴木会長講話 「何のために」
報恩感謝株式会社 代表取締役 

第二部では、中国・四国地方の里親さんの発表。
中学校、高校、大学、地域部門の代表の皆さんが、
感動の物語を発表しました。

[山口県 光市立島田中学校様]
中原先生によるプレゼンテーション 中学校から消防署、地域に広がる防災の和


[広島県 向原高等学校様] ボランテイアスピリッツ賞受賞した学校の皆さんです


[広島県 祇園北高等学校様]
プロジェクトを通じて海外との交流や、日本の魅力を確信
日本の未来を背負って下さる高校生のスピーチでした


[広島県 安芸南高等学校様]

積み重ねや、思いやり、地域と学校との交流など
人として大切なことをスピーチして下さいました。


[広島県 修道大学 Rapport様]
広島修道大学の皆さんは

広島名物フラワーフェスティバルや、募金活動等震災当初から先輩から
後輩へこのプロジェクトを繋ぎ、紡いでくださっています。
メンバーのならふさんは、お住まいの向洋周辺でも
株式会社マツダのOBの皆さんと一緒に地域や幼稚園、町内会でひまわりを咲かせて頂いています。家族の会話も増えたそうです。


[広島県 海田町ひまわりの会様]

はるかのひまわりあいりちゃんのひまわりなど
ひまわりを通じて20年間
海田町の町花であるひまわりを毎年、毎年咲き誇らせて頂いています
広島県を代表するひまわりチームの皆さんがひまわり里親プロジェクトを最後の
大事業として軸にすいえて下さり今回発表して下さいました。

[岡山県 晴れの国発!福島ひまわり里親プロジェクト 様]岡山チームの皆さんは結束力日本一
子供からお年寄りまで楽しみながら福島を元気にしながら実は岡山が大好きで岡山をもりあげている皆さんです。商工会や地域の団体との連携もピカ一です。

全7団体の皆様が発表。それぞれに特色のある発表でしたが、
どれも、「誰かのために」「福島のために」という想いにあふれた発表でした。

発表の後は、オカリナによる「花は咲く」の演奏。
あったかい演奏をありがとうございます。

最後に、ロックバンドおかんの皆様の演奏による「ひまわり」の歌を参加者全員で合唱しました。最後に、ロックバンドおかんの皆様の演奏による「ひまわり」の歌を
参加者全員で合唱しました。
サプライズで世界中で活躍するミュージシャンの登場に会場中が沸き立ちました。おかんの皆さんありがとうございます。

プロジェクトの発案者 香取顧問加賀屋顧問 

半田真仁理事長の統括の後、

折笠理事の掛け声による「ありがとう三唱」で、参加者の皆様が
お互いに感謝の言葉をかけあってひまわり甲子園2014 中国四国大会は終了。
折笠理事は会津地区で猪苗代養護学校さんに毎年交流して頂いています。その様子を話して下さいました。

当日は福島県から前回のひまわり甲子園に出場した
猪苗代養護学校の原前校長先生や、
福島交通株式会社の支倉様が参加。
長野県、千葉、東京、島根、大阪など全国各地から里親さんが集結、
交流がうまれ、また新たな物語の種まきとなりました。

ひまわり甲子園2014 中国四国大会にご参加いただいた皆様、
運営してくださった福島ひまわり里親プロジェクトを応援する会様、
ありがとうございます。

▼中国新聞に掲載〈広島県〉

中國新聞 2014年8月7日(木) 掲載

中国新聞様ありがとうございます。
岡山のTV局のみなさま、山口のTV局のみなさまも取材していただきましてありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主催者の渋谷さんよりメッセージを頂きました。ありがとうございます。

86日、広島でひまわり甲子園中国・四国大会を開催させてもらいました。

今大会では、NPO法人チームふくしまの理事メンバーからの講話があり、さらに、中学、高校、大学、地域の7団体様からの発表もあり、福島と中国・四国地方の交流だけでなく、全国からの参加者同士の絆も深めることができました。お忙しい中、ご参加くださった皆様、陰ながらご協力くださった皆様、本当にありがとうございます。

中四国大会 代表 渋谷