ひまわりバスまでの流れについて

こんにちは。福島ひまわり里親プロジェクト事務局の清野です。

ひまわりバスに至るまでのプロジェクトの流れについて

改めてお伝えさせていただきます。

1. 福島で種を袋詰・商品を作成

◆製造場所
 福島県二本松市
特定非営利活動法人 和(なごみ)
【障がい者福祉施設】

◆目的
・雇用対策:震災後仕事が激減した和さまの障がい者雇用の応援

◆販売先
・福島県をのぞく46都道府県。
※海外は検疫の取り決めがあるため、種の販売はできません

▼ ▼ 福島で製造した種は全国へ ▼ ▼  

2. 日本全国で購入・栽培・開花

◆栽培場所
 日本全国(累計11万人以上)
とくに教育団体のご参加がお送ります。(累計数1,100校位上)

◆目的
・教育対策:福島のひまわりを育てることで防災・道徳教育につなげる
・町おこし:学校や地域との連携。ひまわりを通じた人々の交流
・風化対策:ひまわりを育てることで震災を忘れない

▼ ▼ 全国で育った種は福島へ ▼ ▼  

3. 全国で採れた種を福島県内中に届ける


◆種の届け方
・里親さんが福島県へ訪問。各団体に手渡しする
・全国から郵送で届いたものをたびくまくんが福島県内中にお届け

◆福島県内の届け先
・教育団体、観光地、地方自治体、企業、個人など(2015年は3万袋配布)

◆目的
・観光対策:種を届けるため里親さんが福島を訪問
・雇用対策:全国から届いた種は福島県内への配布用にも、
NPO法人和さんにパッケージを依頼。お仕事が生まれています。
・教育対策:ひまわりの種をきっかけに全国と福島の子どもたちが
交流をはじめています
・風化対策:実際に福島に訪問していただくことで、
福島の現状を知っていただき震災の風化対策に繋がります


▼ ▼ 届けられた種は福島県内で開花 ▼ ▼ 


4. 翌年 福島県内中に全国から届いたひまわりが開花

◆目的
 観光対策:猪苗代ハーブ園や布引高原等 観光地で栽培
町おこし:
ひまわり畑の中での結婚式等イベントを開催
風化対策:福島に全国から届いたひまわりが咲いていることをPR
福島県内外にも震災風化対策に

▼ ▼ 福島県内で開花して採れた種は油に ▼ ▼ 

5. 福島県内で採れた種を搾油

◆搾油場所
 福島県郡山市
共同作業所にんじん舎
【障がい者福祉施設】

◆目的
 雇用対策:搾油がにんじん舎の利用者のみなさんのお仕事に


※搾油するのは、福島県内で採れた種です。
全国から届いた種は福島県内に配布されています。

▼ ▼ 絞った油をエネルギーに ▼ ▼ 

6.ひまわり油をバイオ燃料に変換

◆バイオディーゼル燃料製造場所
 福島県二本松市
障がい者福祉サービス事業所菊の里
障がい者福祉施設】

◆目的
・雇用対策:エネルギー生成が障がい者の方のお仕事に


▼ ▼ バイオ燃料をバスで使用 ▼ ▼  

7.バイオ燃料でバスが走る

◆使用場所
 
福島交通株式会社 福島市内循環バス

◆目的
エネルギー対策:環境にやさしいバイオ燃料を使用
・観光対策:物語のつまったひまわりバスに乗るため全国から福島を訪問

<取り組みのまとめのイベント>

ひまわり甲子園
 (2013年から開催)

◆概要
ひまわりを通じて生まれた物語を発表
・夏〜秋にかけて地方大会が行われ、代表者が福島で行われる全国大会で発

◆目的
・観光対策:イベントが福島を訪れるきっかけづくりに
・教育対策:活動を通じて気づきを共有することで防災・道徳教育の発展につなげる
・雇用対策:福島県への関心を高め、県内の被災企業や福祉施設への継続的な支援につなげ、雇用の応援を行う。

************************************************

◆ひまわり甲子園2016のお知らせ
http://www.sunflower-fukushima.com/report/3932.html

◆プロジェクトの「ロゴマーク」「新名称」の募集!
http://www.sunflower-fukushima.com/report/4038.html

◆ひまわりの種の採り方はこちら
http://ameblo.jp/sunflower-fukushima/entry-12071850706.html

◆ひまわりグッズ 大好評販売中!
http://goo.gl/tnyRCE