プロジェクト説明

福島ひまわり里親プロジェクトへのご協力のお願い

福島県は、2011年3月11日に発生した東日本大震災で、地震、津波、原発、風評被害と四重の災難に襲われました。

特に福島第一原子力発電所からの放射能漏れは深刻で、2ヶ月以上経った今でも、原発災害は現在進行中です。

福島県内の地表には放射能が降り注ぎ、広大な農地や土壌が汚染され、農産物からも放射性物質が検出され、

大気中の放射線の数値は一定のところから下がらなくなってしまい、福島県民は放射能という目に見えない恐怖に怯える生活を

余儀なくされています。

そのような中で、土壌から放射性物質を吸収する植物として、ひまわりに注目が集まっています。

福島県では、復興のシンボルとしてひまわりの種を植えようとする動きが広まっています。

そこで、私たちは「福島ひまわり里親プロジェクト」を立ち上げ、福島でひまわりの種を購入して、

里親になって全国各地でひまわりを栽培し、秋に種を採取して福島へ送っていただける方を募集しています。

今年は、日本中を福島発のひまわりでいっぱいにして、福島を忘れていないよと、

日本中からひまわりのような元気を福島に送っていただければ嬉しく思います。

来年は、日本中で育てていただいたたくさんのひまわりの種を、福島でひまわりを植えたいという方にお届けし、

日本全国の里親になっていただいた皆様の想いを伝えたいと思います。

将来的には、福島の農地からの放射性物質の除去、福島の農地の再生、ひまわりからとれるバイオエネルギーの活用などを

目指しています。

ひまわりの種は北海道 6月下旬、東北北部 7月中旬、東北南部 7月下旬、関東・関西・中部 8月中旬

九州地方 8月下旬までには植えないと今年は育ちません。そこで、短期集中で、

日本全国からひまわりの里親を募集させていただきたいと思います。

私たちの趣旨に賛同いただき、下記の点についてできる範囲でご協力いただければ、嬉しく思います。

○福島ひまわり里親プロジェクト ひまわりの種 1袋500円の購入

1袋500円にはたくさんのおもいが込められています。資材代(封筒・袋・ラベル・シール・種)、

こちらから参加してくださる方のもとへの発送費、ラベルに手書きのイラストを入れていただく仕事を

福祉施設などに依頼しています。

袋詰めなどの仕事も震災により職がなくなってしまった方々へ依頼しています。

つまり、たくさんご注文をいただけることによって被災者への支援につながっています。

種だけでみたら仕事上種苗メーカーからめちゃめちゃに安く入手することが可能です。

全国から種を買うための義援金を募ることもできますが福島と全国のみなさまの絆を深めることを考えますと、

もっと違うやり方があるのではと考えました。

そして、里親プロジェクトが誕生しました。

ひとりひとりのチカラは微力かもしれませんがたくさんのチカラが集まれば可能になることもあると思います。

誰か特定の人にだけたくさん種を増やしていただこうとは考えていません。

むりのない範囲で協力していただければ幸いです。

 

私たちの趣旨に賛同いただき、里親さんになって頂けるかたはこちらより申込みをお願い致します。

福島ひまわり里親プロジェクト

代表 半田真仁

里親プロジェクトのサイクル

里親プロジェクトの3つの目的

里親プロジェクトイメージ

プレスリリース用資料

 

ふくしまひまわり里親プロジェクトの広報及び取材のお願いについて(PDF)

 

福島ひまわり里親プロジェクト(PDF)

 

応援メッセージを募集中 | 福島ひまわり里親プロジェクト

福島ひまわり里親プロジェクトのHPに当プロジェクトを応援するメッセージをいただける方を募集しています。

150字程度の応援メッセージ、顔写真データ、役職・氏名などを応援メッセージからお送りいただければ幸いです。

応援メッセージは「応援メッセージ募集」から送って頂けます。

送って頂いた応援メッセージを「里親さんからの声」に掲載させて頂きます。

ハイブリッド・サンフラワー

◆ヒマワリの栽培ポイント

  • ◇ 排水良好で湿害の圃場。
  • ◇ 施肥量:成分→チッソ・リン酸・かりをバランスよく含む化成肥料を適量。

◆ヒマワリの特徴

  • ◇ 草丈:150cm前後、耐倒伏性が強い。
  • ◇ 播種来:5~7月開花期:7~10月

放射性物質の吸収に関する情報 | 福島ひまわり里親プロジェクト

放射能除去に効果を発揮する植物「ヒマワリ」

筑波大学付属小学校:鷲見辰美氏

土壌の放射性物質を根から吸収する能力がいくつかの植物にある事が分かった

なかでもヒマワリの吸収率が最も高い。

危険性がなくなるまで30年以上かかる土壌の放射性物質をわずか20日で95%以上も除去

(世界一受けたい授業 より)

1995年に米ラトガーズ大学のスラビック・デュシェンコフ博士ら旧ソ連出身の

植物学者達が、チェルノブイリ原発から1キロ離れた池で20種類の植物を栽培し、

ヒマワリがセシウム137を根に、ストロンチウム90を花に蓄積することをつきとめた、

という研究報告がある(日本テレビ系(特命リサーチ 200Xより)。