ひまわり甲子園2015 信州北陸大会に山木屋太鼓の子どもたちが参加決定!

11月3日に開催されるひまわり甲子園信州北陸大会に
原子力発電事故で避難区域となっている
福島県川俣町山木屋地区の
山木屋太鼓」の子どもたちが参加します。

山木屋太鼓は、2001年に
地域に根差す若者の育成と発展を目的に結成された
和太鼓のチームで、故郷の自然をテーマに曲を創作し
活動を続けています。
10月12日には、結成15年を迎え、単独公演を開催。
満員となった会場で披露された
山木屋太鼓のみなさんの力強い演奏は
たくさんの感動を届けました。
福島ひまわり里親プロジェクトとの関わりも深く、
ひまわり甲子園では、第一回から毎年続けて
その演奏を披露してくださっています。

[ひまわり甲子園2015での演奏の様子]
ひまわり甲子園2015 信州北陸大会でも、
福島から感動の太鼓演奏を届けて下さいます。
また、長野県の太鼓チームの子どもたちとの
太鼓を通じての交流も予定されています。
信州北陸地区の里親の皆さんによる
「震災があったから”こそ”生まれた物語」が
語られる感動の一日。

ひまわり甲子園2015 信州北陸大会は、
11月3日、長野県長野市にて開催されます。

▼詳細・お申し込み