いよいよ明日開幕です ひまわり甲子園全国大会2015

曽根田駅のひまわりステーションもオープンさせていただき
いよいよ明日はひまわり甲子園開幕です。
改めて明日の、発表者のご案内をさせて頂きます。

===========================
◆ひまわり甲子園全国大会2015
発表者紹介
===========================
■発表1< 北陸地区代表>
◇鯖江市立立待小学校(福井県)
2011年に絆のひまわりを育てるとともに震災や福島に対する思いを子どもたちが一曲の歌詞「ひまわり」にまとめ、曲をつけて全員でレコーディングをし、種と一緒に福島に送ってくださいました。

プロジェクトの応援ソングとなった「ひまわり」は、2013年度 復興庁のREVIVE JAPAN CUPのカルチャー部門 ミュージックで、グランプリを受賞。
2014年8月には、里親であるフジテレビさんのお台場新大陸の舞台で、福島県で種の袋詰め作業をする
福祉作業所「和」の利用者さんとともに合唱を披露しました。
ひまわりを通じて県、世代、障がいを超えて一つになり、全国へ感動と元気を届けました。ひまわりの歌に込められている「助け合い、つかながり合うことの大切さ」。
2月15日は、子どもたち自らが被災地や困っている人を助けたい想いを先生や大人も一緒になって考え、活動するやさしさ、思いやり、子どもたちの持っている可能性、素晴らしさを感じられること間違いなし。
先生と子供たちの絆が、地域から福島、日本、世界へ元気と勇気を届けた感動物語を福島で発表します。
http://youtu.be/0mhBX6pPYl8

■発表2<福島県・企業部門代表>
◇日本郵便株式会社 福島県北部地区連絡会二本松亀谷郵便局 様 [福島県]
2014年3月、里親である京都府の立命館高等学校の生徒さんが福島県二本松市へ訪問され、二本松郵便局で、生徒たちが育てた種の寄贈式を開催しました。
その絆の種は、二本松亀谷郵便局を始め、北部地区の郵便局窓口で配布され、全国の想いを福島のお客様へお届けしました。
地域に愛される二本松市の郵便局から繋いだ全国と福島のきずなのひまわり物語を二本松亀谷郵便局長の渡辺様が発表し全国への感謝を届けます。
http://youtu.be/3sSFT4aWtgk

■発表3<中国・四国大会代表>
◇海田町ひまわりの会(広島県)
海田町ひまわりの会会長を長年
務めてきた田原利春さん(享年77)。当プロジェクトを通じて、田原会長の「ひまわり畑で結婚式をプロデュース」という夢が2014年7月に実現されました。21年間命をかけてひまわりを育て、地域の人を喜ばせ、明るい町づくりを続けてこられた海田町ひまわりの会。
2014年11月27日をもってひまわり会は解散となりましたが、ひまわり甲子園で1日限りの復活です。

今は亡き田原会長が築きあげた感動の“軌跡”、ひまわりが繋いだ福島との絆をプロジェクト中四国支部代表の渋谷晋太郎さん(尾道市在住)が福島で発表し、想いを未来へと語り継ぎます。
http://youtu.be/6OiFCQHOJj8

■発表4 <関東・甲信越大会代表>
◇諏訪市立中洲小学校(長野県)
2014年5月、福島ひまわり里親プロジェクト理事による講演会が中洲小学校で開催され、子どもたちは福島の現状、防災教育、復興についての学びを深めました。
ひまわりを育てるうちに、誰かの役に立ちたいという想いが芽生え、福島へメッセージを送ったり、自主的な行動へと変わっていった子どもたち。また、その子どもたちの想いを親御さん、先生方はしっかりと受け止め温かく見守りながら一緒にプロジェクトの活動を進めてこられました。
ひまわりを通じて温かく思いやりの心が育まれていった子どもたちの事例・物語を3年生担任の美斉津先生が子どもたちからの元気!エールとともに福島へ届けてくださいます。
http://youtu.be/-xa5JxhgDRs

■発表5<関西地区大会代表>
◇立命館高等学校(京都府)
立命館高等学校では、東日本大震災をきっかけに東北の復興を応援する「Warm Heart」という活動の中で、当プロジェクトに参加し積極的な交流や支援を行っています。
2014年3月には高等部の生徒会が、育てたひまわりの種を届けに実際に福島へ訪れ、福島の高校生や企業と交流を深めました。
継続的な支援だけでなく、現地での交流を通じての学び・気づきを発表するとともに、福島へのエールを届けます。
http://youtu.be/mObQXwMIF6M

■発表6<福島県代表>
◇郡山女子大学 石澤 美佳 様 [福島県]
福島ひまわり里親プロジェクトのひまわりガールとして、2014年度よりボランティア活動に参加してくださった石澤さん。福島県内での種寄贈や、大越町での種まき式、ひまわりウェディング、インターンシップなどプロジェクトの活動を通じて全国の里親さん、福島の方々との交流を重ねてこられました。
福祉作業所の和さんとの関わりや、インターンを通して実際に里親さんのひまわりを育てた福島の皆さんの声、そこから得た気付きを発表します。また、チームふくしまの理事会の様子など、学生さんの目からみたプロジェクトの裏側も発表予定。
http://youtu.be/VFd2_Z7CTms

2月15日、日本一こころ温まる人物のまち福島へ
心よりおまちしています^^
http://urx2.nu/fXuo

===========================
◆満員御礼
===========================
ひまわり甲子園2015は満員御礼となりました。
http://goo.gl/yw13Sx

============================
◆ひまわり甲子園全国大会2015
ゲスト紹介 福島東高校&山木屋太鼓
============================
≪福島県立福島東高等学校 応援団≫
「文武両道」を掲げ、勉学、部活動ともに華々しい活躍を見せている福島東高校はまさに未来の福島を担っていく生徒たちです。その東高校で活躍する応援団は団長が女子生徒。地方メディアにも取り上げられる今話題の応援団です。
甲子園では特別ゲストとして、全国の皆様への感謝と共に、福島の復興を願う応援エールでオープニングを飾ります。

≪山木屋太鼓 チーム鴉≫
東日本大震災により、計画的避難区域に指定された山木屋地区の太鼓グループ。現在は、故郷を離れ生活、活動をしています。
大越町での種まきイベントなどでも駆けつけ、福島の力強い演奏を響かせました。今年で、3年連
続でのゲスト出演。甲子園をより一層盛り上げてくださいます。

福島を支える若者たちの迫力ある演舞をお楽しみくださいませ。

事務局 より(^Θ^)